あわとも参加の感想

こんにちは手(パー)水野です。
今日は連とは関係ないですが、個人的に12月から参加していた「あわともクラブ」について書いてみます。

公式ブログ

※あわとも関連の情報だけでなく、関東近郊の阿波おどり情報など幅広く発信されてます

◆オフシーズンの誰でも参加可能な練習の場
夏が本番の阿波おどり晴れ

シーズン前やシーズン中は盛んに行われる練習もグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)

お祭りシーズンが終わると練習回数が減りますバッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)
寒さが本格化する時期は完全に冬眠雪してしまう連もあるとか…ふらふら

そんな状況で「練習したいけど場所がないがく〜(落胆した顔)」とくすぶっている人々を救済すべく、
阿波おどり好きの有志によって「フリーの練習場所を提供しようexclamation×2」と始まった活動があわともクラブです。
今年は11月から3月に月イチで都内を中心に開催され、僕は12月から4回参加させてもらいました。

◆練習をしてみて
毎回、あわともさんが確保してくれた会場ビルに、各所から阿波おどりが大好き揺れるハートで練習に飢えてるちっ(怒った顔)の踊り手&鳴り物が集まります。
都内開催でも隣県各所から来ちゃう人車(セダン)がゴロゴロいる模様(知らないだけでもっと遠い人も…?!)

練習は鳴り物演劇が始まると一方向に踊る(たまきの鏡練習のような感じ)のを休憩を挟んで繰り返します。
その様子はまさに阿波おどりのかわいい見本市かわいい様々な踊りが近くでじっくり楽しめて目とても見応えアリ!
あんな踊りやこんな踊り、色々なスタイルがあるんだなーと目移りしちゃって仕方ない(変な癖を覚えて帰るなーと連長が釘刺す部分あせあせ(飛び散る汗))。
そして他を見ることで、やっぱたまきの踊りって良いね手(チョキ)と、海外文化に触れて祖国の良さに気付く旅行者めいた気持ちになるわけです…。

踊りは違えど全体に共通している…練習への熱意exclamation×2その空気がまた凄いどんっ(衝撃)
一緒に行ったはるなさんが「ぴかぴか(新しい)ナルシストの集いぴかぴか(新しい)」と評したのもよーくわかります。自ら課題を引っさげて、上達しようと黙々踊る阿呆衆。
そんな人が数十人から集まっているので、会場の熱気たるや晴れこちらも吊り込まれて、負けちゃいられんパンチやたらと気合が入ります。
そしてまた、格好良く、華やかに踊るには熱心で地道な練習が不可欠なんだろう…てなことを思ったり。

連を超えた集まり、練習への渇望、各々の向上心。

そんな条件があって、あわともは普段の練習と一味違った雷熱を帯びるのでしょう。
12月に参加していた方が「あわともって俺らにとってのクリスマスクリスマスプレゼントみたいなもんだよなーわーい(嬉しい顔)」と言ったのも、日常では得難いものがあることを物語っているかのようです。

そーんな、激アツな集いがこのオフも月イチで開かれていたわけですわーい(嬉しい顔)

◆他の連員との交流
会場設営や、着替えや、休憩時間などに他の参加者とする会話犬猫犬これもあわともの醍醐味ですファーストフード

「どこから来られたんですか?」

「○○からです」

「○○というと××連とか?」

「△△連ってとこです」

「本番はどこに出てます?」

そんなやりとりがアチコチであり、お互いの連の話をしたり聞いたり。練習していない時は終始にぎやかなムードです。
踊りの話と同じく、自分たちの連がどういうものか…恵まれている部分わーい(嬉しい顔)足りていない部分ふらふらが相対的に感じとれて、新たな気付きが得られることもひらめき

あわとものコンセプトもあるからか、お互いの練習事情が話題になることが多かったような…。
隔週の練習がようやく始まったたらーっ(汗)とか、まだ練習が全くないもうやだ〜(悲しい顔)といった連が多く、たまきのように毎週練習をしている連は少数。聞いた限りはそんな感触でした。

小学校が気前よく練習場所を提供してくれてビル毎週連長が道具を運んでくれて車(RV)はるなさんが横浜から来てくれる電車そしてその気持ちに応えるかのように練習に集まる仲間がいるexclamationそれって無茶苦茶恵まれているんだなーという発見は、あわともで得た中で特に大きな収穫でした(同じ話を聞いて他と同じくらいで良いんじゃね?と思う結末も当然あるわけですが…ドコモ提供)。

◆あわともで盛り上がる?あわともで盛り上げる?
オフでも週一で練習があるたまきは(厳密にいうと?)あわともの目的である練習難民の救済対象病院に入っていないかもしれません。
ただ、あわともを通して感じるのは、そこでの時間は普段の練習とは(上か下かではなく)異質であり、そこで得られるものもまた連の練習の成果とは異なるということ。そうでいながら、そこでの成果は連に持ち帰って色々なことに活かせそう手(グー)であることなどです。

あわともは集中して練習する場所としての役割とともに、そこで感じた熱気どんっ(衝撃)や発見ひらめきを自分を介して伝え、連の活動をより良くしていくエネルギー源としても活用できるのではないでしょうか?あわともで盛り上がったらグッド(上向き矢印)、それを自分が世話になってる連に還元して盛り上げるグッド(上向き矢印)。そんな付き合いが出来るなら素敵だなーぴかぴか(新しい)と思いました。

◆9年の歴史に幕
あわともクラブは誰でも自由に参加できる練習と阿波おどり好きの交流の場として大・活・躍exclamation×2
オフシーズンの恒例行事として9年間、続いていました(たまき日記の過去記事にもたびたび登場してますねくつ)。
が、今月3月の開催をもって活動停止がく〜(落胆した顔)…今後再開かどうかは未定とのこと。理由は公式ブログペンに載ってます。

あわともクラブの今後についてお知らせとお願い

そのなかで下記の文章があったことが本記事作成のきっかけでしたカチンコ

>私の方針はとりあえず置いておいて、できれば、改めて、皆さんの
>忌憚ないご意見・ご感想・ご要望をお伺いしたいです。


>「あわともクラブなんか、別になくてもいい」も
>「今までの形のままずっと続けてほしい」も含め、
>良かったら、コメントお寄せ下さい。

>プログのコメでも、MLの返信(公開されます)でも、SNSでも、
>ダイレクトメッセージでも構いません。イイネだけだと
>よくわかんないので、できれば何か言葉にしてもらえると助かります。

過去に参加された方は何かしら思いを伝えてみましょう~手(グー)

>主催者のみなさま。
長い間の活動お疲れ様でした。4回とはいえ参加させてもらえて本当に有意義でした!
あわともは練習場所以上のものを我々参加者に提供してくれている貴重な存在です。

リニューアル復活してくれることを期待して、後押しになればと記事を書かせていただきました!
復活の折にはたまきのメンバーも大勢誘って伺えたらなーと思いますわーい(嬉しい顔)

ありがとうございました。

水野

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
新しい記事 古い記事

“あわとも参加の感想” への 2 件のフィードバック

  1. にわこやま より:

    ども。からだで感じる阿波踊りのにわこやまです。
    年度末忙しかったので、すっかりプログチェックサボってたので、コメント遅くなってすみません。
    あわともクラブのこと、非常に丁寧に、好意的にご紹介してくださってありがとうございます。12月から本当に熱心に毎回通っていただき、こんなにホメてもらうと、主催者としてなんだかもったいない心境です。
    徳島や高円寺の連と直接つながっている連じゃないと、首都圏のローカルエリアの連の阿波踊り環境はまだまだハードなものがあります。勉強するのにいろんなハードルがあったり、何の道しるべもなく手探りだったりしています。
    そんな、情報難民・練習難民エリアの人たちにとって、とりあえず、
    「あそこに行けばなんかわかる」
    「情報教えてくれる人がいる」
    「仲間ができる」
    ・・・みたいな、駆け込み寺っぽいところがあると、いいんじゃないかな、という思いでやってました。
    9年たって、いろいろなところにいろいろな横のつながりもできて、実力連といわれる連の人たちからも、連の看板や責任から解放された場所で、自己研さんに励める場所として大事にしてもらえて、それなりに、阿波文化の発展に寄与できた面もあったと思います。
    そして、需要は決してなくなることはないとも思うので、また改めてみんなが気がねなく、一人でも遊びに来やすい「拠り所」作れたらいいなと思います。
    首都圏の阿波踊りは、まだまだマイナーです。いろんな考え方や踊りの流派がありますが、まだまだ、みんなで力を合わせて盛り上げていかないと、警察や住民の皆さんの協力を得ていくこともままなりません。
    ちょっとずつでも、阿波踊りの人の絆を強く広くして、みんなで阿波踊り支えていきましょう。今後ともよろしくお願いします。

  2. 水野 より:

    にわ様
    コメントありがとうございます!
    ほんの数回でしたが貴重な経験をさせていただきました。
    あわともが無くなることは残念ですが、そう思う気持ちでもって、本当にあわとも無しでは冬に踊ることは不可能だろうか?という疑問に向き合う機会が生まれたように思います。
    例えば自分の連に働きかけて練習機会を作ってもらえないか。そこに地元連をお誘いできないかといったような…。
    そうやって自分たちで阿波おどりの世界を盛り上げようという気運が起こるのなら、あわとも終了それ自体にも意味を見いだせるのかもしれませんね(もちろん復活が一番嬉しいですが)。
    夏が着実に近づいていて、たまきの練習も真剣味を増してきています。良い物をお見せ出来るように頑張りますので、応援よろしくお願い致します。
    本番でお会いできたら良いですね!
    水野

コメントはありません

過去の記事