たまきの紹介

阿波踊り連たまきとは

阿波踊り連たまきは東京都小金井市で2008年に立ち上げられた阿波おどりの連です。
小金井市を拠点にちびっこからお年寄りまで、幅広い世代にわたり、皆で阿波おどりを楽しんでいます。

主な活動は夏に開催される小金井や高円寺をはじめとした阿波おどり大会や依頼を受けての演舞などへの出演です。
本番に向けた週末の練習のほかに、連の親睦を深めるイベント企画もあります。

演舞の様子

たまきの由来とシンボル

連名「たまき」は、桶をまとめる箍(たが)を由来とし、桶の箍のように力強く団結力のある連を目指す気持ちが込められています。
連のシンボルである円の意匠は、懇意にしていただいている徳島の娯座留連で連長をされていた四宮生重郎氏から頂戴しました。

シンボルマークの丸

踊りパート紹介

たまきは「しっとり、美しく」の踊りを目標にしています。

男踊り

男性の迫力ある男踊りと、女性が魅せる男踊りがあります。
男女共にうちわを使って踊ることもあります。

女踊り

連の華として、品良く、色気のある踊りを目指しています。

ハッピ踊り

小学生中学年~大人で構成されています。
元気よく、うちわを使って踊ります。

子供踊り

3歳~小学生低学年の子供達で構成されています。
たまきTシャツを着て、笑顔で踊る子供達に、大人たちはメロメロです。

鳴り物パート紹介

三味線

大太鼓

締め太鼓

まな板